ページ内を移動するためのリンクです。

個別のCSRソリューションをお求めの皆さま

クレアンでは、CSRのご担当者が業務を推進する中で直面する課題解決のほか、ISO26000の導入や生物多様性保全などの最先端の課題解決にも、高い専門性に基づくソリューションで、価値ある成果をご提供いたします。

個別の課題をお持ちの皆さまにご提供するサービス

お客様のご要望をお選びいただくと、対応する弊社サービスをご紹介します。
お客様のご要望弊社サービス

CSRについての自社の現状や課題を把握したい

CSRは、多様な社会的要請とその変化に自社が対応できているかを確認し、自社が実践すべき「社会的責任」のあり方を見定めることから始まります。自社の現状把握を行う際は、課題に関わるステークホルダーの声を直接把握する機会を設けたり、競合他社ベンチマークをあわせて行うなど、現状把握の目的に応じたアプローチが必要です。
  • 「CSRについての自社の対応状況や課題を把握したい」
  • 「競合他社の動向をふまえて、自社の立ち位置をつかみたい」
  • 「自社のCSRとは何かを検討するために、有識者の意見を聞きたい」
このようなご要望をお持ちの皆さまには、以下のサービスをご用意しています。
ご提供サービス(サービス紹介ページへ移動します)
  • CSR観点の現状分析
  • ステークホルダーとの対話による課題抽出

課題の重要度や優先順位を明らかにしたい

CSRは幅広い範囲の課題を扱いますが、自社の経営資源を有効に活用するためには、その中でも優先的に取り組むべきマテリアリティ(重要課題)を策定することが求められます。マテリアリティの策定は、「自社に対する社会的要請の強さ」と「自社経営にとっての重要性」の2軸で評価しますが、どのような基準で評価を行うかの設定が大切です。
  • 「経営層にも納得いただける形で、マテリアリティを決定したい」
  • 「マテリアリティを特定し、戦略的・効率的なCSRの推進に役立てたい」
  • 「CSR報告書で報告する優先度の高いコンテンツを選定したい」
このようなご要望をお持ちの皆さまには、以下のサービスをご用意しています。
ご提供サービス(サービス紹介ページへ移動します)
  • 重要課題の特定

CSRについての考え方・方針を定めたい

CSRを推進するためには、自社におけるCSRの定義や考え方、どのようなCSR活動を目指すのかを整理し、わかりやすく社員に示すことが必要です。そういったCSRの大きな方向性は、自社ならではの提供価値などをしっかり反映した社内で納得性の高いものであることが重要です。
  • 「CSRについての自社の考え方を整理し、社員にわかりやすく伝えたい」
  • 「CSR活動を進めるための社内方針を策定したい」
  • 「CSR活動を通じてめざす自社の企業像(ビジョン)を描き、共有したい」
このようなご要望をお持ちの皆さまには、以下のサービスをご用意しています。
ご提供サービス(サービス紹介ページへ移動します)
  • CSRについての考え方/方針の整理・策定
  • CSRビジョンの策定

CSRの社内の理解を深めたい

CSR活動を推進するには、社員がCSRについての考え方や方針を共有し、活動に取り組むための「行動化」を促す必要があります。そのためには、CSRに取り組む経営上の意義や必要性だけでなく、社員がCSR活動に取り組む積極的意義を感じ取るための機会を、部門内のディスカッションやワークショップ、社内報、人事評価制度への組み込みなどの機会を通じて提供することが有効です。
  • 「CSRの理解を促進する講演会やセミナー、ワークショップを開催したい」
  • 「自社に合ったCSR研修用のカリキュラムや教材を開発したい」
  • 「自社に合ったCSR浸透策を検討したい」
  • 「ダイバーシティなど、個々のテーマの社内理解を促す小冊子を作りたい」
このようなご要望をお持ちの皆さまには、以下のサービスをご用意しています。
ご提供サービス(サービス紹介ページへ移動します)
  • CSRの社内浸透支援

CSRのマネジメントシステムを強化したい

CSRに一定の理解が得られ、活動の方向性が示されれば、CSRに関する取り組みはある程度進みますが、企業全体で組織的・体系的にCSRを推進し、企業価値向上等に結びつけるためには、CSRについてのマネジメントシステムの構築が必要です。マネジメントを実践するためには、CSRの活動計画や目標の策定が必要となります。
  • 「CSR活動の計画と目標をつくりたい」
  • 「CSR活動の進捗を評価する管理指標がほしい」
  • 「CSRのマネジメントシステムを構築し、全社的な活動に高めたい」
このようなご要望をお持ちの皆さまには、以下のサービスをご用意しています。
ご提供サービス(サービス紹介ページへ移動します)
  • CSR目標の策定支援
  • 管理指数(KPI)の策定支援

CSR報告書を発行したい

CSR報告書は、CSRについての自社の考え方や活動状況などを社内外のステークホルダーに開示し、企業活動についての説明責任を果たすためのコミュニケーションツールです。CSR報告書の制作では、ステークホルダーがどのような情報開示を求めているかをふまえて、開示情報を検討することが基本となります。CSR情報の開示については、国際的なガイドライン(GRIガイドラインなど)が発行されている他、調査機関・格付機関も独自の情報開示を求めており、それらに対応する形で報告情報を整理することが大切です。また、CSR報告書の制作過程は、CSR活動についての社内情報を収集し、整理・評価するプロセスでもあるため、制作プロセスをうまく活用することで、効果的にCSRを推進することが可能となります。
  • 「CSR報告書を発行したい」
  • 「CSR報告書の制作プロセスを、CSRの推進に活かしたい」
このようなご要望をお持ちの皆さまには、以下のサービスをご用意しています。
ご提供サービス(サービス紹介ページへ移動します)
  • CSR報告書の企画・制作
  • ステークホルダーとの対話支援

CSRを通じて事業競争力を強化したい

近年、政府や消費者の意識・行動の変化に伴い、環境・社会課題を解決することがビジネスとなる新たな市場機会が生まれています。「この新しい市場を如何に捉えるか?」は、すべての企業にとって、今後の新しい事業環境で継続的に成長するために問うべき課題となっています。
  • 「CSRを通じて、競争力を強化したい」
  • 「環境・社会課題に関連する市場機会を捉えたい」
  • 「自社技術を活かして環境・社会課題に関連する新規事業を生み出したい」
  • 「社会課題の解決と関連させたマーケティング活動を検討したい」
  • 「CSRへの取り組みをより戦略的に情報発信し、ステークホルダーからの信頼向上を図りたい」
このようなご要望をお持ちの皆さまには、以下のサービスをご用意しています。
ご提供サービス(サービス紹介ページへ移動します)
  • 事業基盤強化にむけた戦略的CSR
  • サステナブル・イノベーション
  • サステナビリティ・マーケティング
  • CSRコミュニケーション戦略の策定

その他の個別ソリューション

「ISO26000の導入」と「生物多様性の保全」については、特に支援体制を充実させております。

  • ESGに関する各種アドバイザリー
  • ISO26000の導入
  • 生物多様性の保全
  • BOPビジネス戦略の構築と実行
  • 気候変動対応戦略の策定
  • 水資源対策
  • 長期シナリオ分析
  • LCA分析および戦略的活用
  • 社会貢献活動支援
  • グループマネジメント
  • サプライチェーンマネジメント
  • CSV戦略ポテンシャル診断