ページ内を移動するためのリンクです。

統合報告支援サービス

統合報告支援サービス

統合報告とは

企業として中長期的にどう価値を創造し、企業価値自体を向上させていくか、その経営ビジョンおよび戦略を伝えるために、企業が持つ(つくる)重要性の高い情報を関連づけて報告するという、新たな企業報告の考え方です。

統合報告を実行する上でのポイントは、中長期的な視点での企業価値創造ストーリーを表現することです。そのためには、事業を通じて顧客や社会に対しどのような価値を創造していくか、価値創造の基盤となるビジネスの仕組みづくり・人材の育成・技術/研究開発などをいかに強化していくか、といった点を表現することが重要になります。

また、統合報告を行う前提として、財務情報やCSR情報、コーポレート・ガバナンス情報など、さまざまな情報開示が既に行われていることが想定されますが、それら各種開示情報の中から経営ビジョンや戦略との関連性が特に高いものを特定・抽出し、まとめ直して簡潔に表明することも大切です。

統合報告が求められる背景など、詳細については以下をご覧ください。

統合報告が求められる背景
統合報告に取り組むメリット
統合報告に向けて必要な準備
国際統合報告評議会(IIRC)フレームワークとは

統合報告を支援する弊社のサービス

クレアンは、統合報告書の新規発行や継続発行を行う企業の皆様に、現在発行されている報告書の現状分析から、デザイン・取材ライティングを含む企画・編集制作支援、ビジネスモデル・価値創造ストーリーの現状整理や非財務面でのマテリアリティの特定支援といったコンサルティング、価値創造ストーリーの社内浸透など、統合報告に関連する幅広いサービスを提供しています。

News