サステナビリティニュース: 171215(金)

【レポート、オピニオン等】

ミレニアル世代からジェネレーションZへ

ミレニアル世代という言葉は、日本でもかなり浸透してきたように思います。サステナビリティの文脈では、ミレニアル世代は、社会貢献意識が高く、サステナブルな消費に関心が高く、こうした人材から評価を得るには、サステナビリティの取り組みを強化する必要があると語られています。実際、優秀なミレニアル世代の人材を獲得することは、多くの企業がCSVなどの取り組みを強化する大きな理由になっています。

サステナビリティニュース: 171212(火)

【レポート、オピニオン等】

東京オリパラは、“MOTTAINAI”をレガシーにできるか?

東京オリパラは、“OMOTENASHI”のイメージが強いですが、もう一つオリパラを機に、改めて世界に広げるべき言葉があります。ノーベル平和省受賞者の故ワンガリ・マータイ氏が世界に広げた“MOTTAINAI”です。“MOTTAINAI”を世界に発信するには、まずは、食品ロスへの取り組みが重要です。可能であれば、食品に限らず、様々な資源循環の取り組みが、発信できれば良いと思います。

サステナビリティニュース: 171208(金)

【レポート、オピニオン等】

パーパス、ゴール、ターゲットの使い分け

前回のブログで、最近、「ゴールは長期的に目指す姿で、日本語の目標が意味する必達目標とは異なる」という論調があると紹介しました。これは、実現性が見通せないから長期目標を設定できないという企業に、目指すべき姿として長期的ゴール設定を促す意図があるのですが、ともすれば、魂のない名目だけの長期的ゴールでもありですよ、という誤ったメッセージになる恐れがあります。(とは言え、設定時の認識はともあれ、長期的ゴールを設定すると、それを取り下げることが難しく、実現を迫るプレッシャーにはなります。)

サステナビリティニュース: 171205(火)

【レポート、オピニオン等】

SDGsは、ムーンショットになるか?

先日、朝日新聞社等主催のイベント「ジェフリー・サックス氏と語るSDGs」に参加してきました。サックス氏は、国連事務総長特別顧問としてSDGs策定に深く関わっており、現在もSDGsの普及・推進のために精力的に活動しています。

サステナビリティニュース: 171201(金)

【レポート、オピニオン等】

農業とSDGs:17ゴールすべてについて考えてみる

先日、仕事の関係で「農業とSDGs」について考える機会があり、農業がSDGsの17ゴールとどう関わっており、どう貢献できるかを一通り検討してみました。

Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.