カテゴリー「企業事例」の記事一覧

マース、ダノンのマダカスカルバニラ農家支援

2017-08-14 07:09 pm

ネスレのコーヒー農家支援など、食品会社の原材料農家支援は、バリューチェーンのCSVの代表的な取組みです。農業のバリューチェーンは、生態系破壊や人権問題などの原因となるケースがありますが、こうした問題を解決し、地域の発展を支援しつつ、高品質原材料の安定調達を競争力の源泉としようとするものです。なお、農作物の品質は、気候や土壌に影響されますが、気候や土壌を選ぶ農作物ほど適地が限られ、その地域の原材料農家との関係を構築するバリューチェーンのCSVの価値が高いと言えます。

RE100の仕掛け人の言葉

2017-08-10 02:20 pm

事業活動で利用する電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指すイニチアチブRE100の参加企業が100社を突破しました。日本企業で参加しているのはリコーのみですが、世界のサステナビリティ・リーダー企業の多くが、RE100に参加しています。トランプ政権が誕生し、米国政府が気候変動に否定的な対応をするようになって、かえって、危機感を持ったビジネスセクターで、気候変動への取組みが進んでいるように思います。

グローバルで「市場創造のCSV」に取り組む企業が増えつつある

2017-07-06 01:08 pm

製品・サービス、バリューチェーン、ビジネス環境の3つのCSVのうち、日本企業の取り組みが最も遅れているのがビジネス環境のCSVですが、その中でもグローバルで事業を展開していくために重要なのが、「ルールメイキングのCSV」と「需要創造のCSV」です。(この2つを含め市場を創造するCSVを「市場創造のCSV」と総称します。)ルールメイキングのCSVとしては、日本企業ではダイキンの取組み、需要創造のCSVとしては、ユニ・チャームの取組みなどが優れていると思います。グローバル企業として成功しているところは、CSVも自然に進められているようです。

CSVの最新エッセンスを含む「保険会社のCSV」レポート

2017-06-29 09:31 am

今年のShared Value Summitで、「FSGが発表したCSVのレポートの中でも最高傑作じゃないか」とFSGの人間が語っていた保険会社のCSVに関するレポート”Insuring Shared Value – How Insurers Gain Competitive Advantage by Better Addressing Society’s Needs”が発表されました。Harvard Business Reviewにも掲載されています。

IoT時代の人財活躍のCSV: 進化するシスコ・ネットワーキング・アカデミー

2017-06-26 08:50 am

IoTやAIなどのデジタル技術が進化し、ソサエティ5.0、インダストリー4.0など、社会や産業のデジタル化が注目されています。こうした動きを受け企業も変わってきています。例えばGEは、インダストリアル・インターネットを掲げ、GEデジタルという組織を発足させ、業界トップ10に入るソフトウェア企業を目指し、新しく採用する社員全員にプログラミング能力を義務付けています。

複数の社会課題に対応するサプライチェーン:HP@ハイチ

2017-06-21 10:01 pm

先日、コンフォートホテルの寄付プログラムの記事を書きましたが、寄付先の1つのOne Planet Café Zambiaは、ザンビアで毎年大量に廃棄されるバナナの茎を使い、現地に雇用を生み出して繊維を作り、それを日本の越前和紙の技術で紙にしています。バナナの廃棄、ザンビアの雇用創出、日本の伝統技術の維持と、サプライチェーンの中で複数の社会課題に対応しています。

アマゾンがホールフーズを買収。コンシャス・キャピタリズムは?

2017-06-19 08:49 am

アマゾンがホールフーズの買収を発表しました。アマゾンにとっては、長年目指していた食品市場での足場固めにつながります。富裕層やミレニアル世代の顧客に人気のある有機野菜などの生鮮食品の販売網を獲得できるほか、店舗受け取り、宅配代行など、ネットとリアルの融合の様々な実験が可能となります。

「旅で世界とまちを元気に。」コンフォートホテルのCSVへの挑戦

2017-05-29 09:23 am

今回は、宿泊特化型ホテルブランド「コンフォートホテル」を展開する株式会社チョイスホテルズジャパンが提供する寄付プログラムをご紹介します。「旅で世界とまちを元気に。」をコンセプトとする「Choice Guest Club(チョイス ゲスト クラブ)」の特典の一つとして、会員のお客さまの宿泊代の0.5%が応援ポイント「choice」としてたまり、世界と地域を元気にする活動をしている団体に寄付するプログラムです。本業を通じて社会課題を解決しようとする取り組みで、私も企画段階から支援しているプログラムです。

最高のコーヒーを追求するとCSVになる:ネスレ

2017-05-22 08:36 am

Shared Value Leadership Summit 2017報告第4弾です。今回のSummitの目玉の一つは、ネスレ会長のポール・ブルケ氏とマイケル・ポーター教授によるパネルでした。ブルケ氏は、最近CEOを退任し会長になったばかりで、今後は、経営の前線を離れ、CSVの推進・普及などに注力していくようです。

サステナビリティでイノベーションを起こす:エネル

2017-05-18 08:40 am

Shared Value Leadership Summit 2017報告第3弾です。今回のSummitで企業事例として最も面白く、最もCSV的内容だったのは、イタリアの大手電力会社エネルです。以前にもブログで紹介していますが、経営に本格的にCSVを取り入れており、CSVに関するビデオを作ったりしています。

« 過去の記事へ
Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.