未活用人的資源の有効活用

2013-10-17 08:58 am

CSV/シェアード・バリューの一つとして、「バリューチェーンに関わる人財の生産性向上」があります。これまで未活用だった人的資源を活用することも、このCSV/シェアード・バリューにおける重要な活動です。最近日本で注目されている「女性活用」も「未活用人的資源の有効活用」にあたります。

「女性活用」については、日産自動車が、クルマの購入意思決定の6割に女性が関与していることに注目して、女性チームによる女性視点での製品・開発・マーケティングを推進し、ヒット商品を生み出しています。こうした女性による女性目線での商品・サービス開発の成功は、いろいろな業界で耳にします。これからは、ますます女性の活躍に期待が出来るでしょう。

「障がい者の能力を生かす」ことも「未活用人的資源の有効活用」に当たります。IBMでは、障がい者研究者による障がい者目線での商品・サービス開発を行っています。障がい者目線での商品・サービス開発は、高齢者にとっても有用な商品・サービスを生み出すことにもつながります。

www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=793#.UlozWhqCjIU

「未活用人的資源の有効活用」は、社員に限りません。最近では、高齢者、身体が不自由な人々を「リードユーザー」として、商品開発の担当者がリードユーザーと一緒になってデザインを進める「インクルーシブデザイン」を取り入れる企業も出てきています。例えば、花王のアクティブシニア事業センターでは、身体が不自由な方と行動を共にすることで、様々な気づきを得るという活動を展開しています。

「女性活用」、「障がい者雇用」などに対し、義務として受身で対応するのと、機会として積極的に対応するのでは、中長期的に競争力に大きな差がついてくるでしょう。社会の要請を機会と捉えるCSV/シェアード・バリュー・マインドを持つことは、社会問題への関心が高まる時代にあって、重要性を増しています。

(参考)

「CSV経営」赤池学、水上武彦著(NTT出版、2013.7.18)

日経ビジネスオンライン「イノベーションの勘所『つなぐ化』を語ろう」(2013.9.25、2013.7.19)

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.