女性活躍とCSV

2014-12-13 03:54 pm

女性活躍は、安倍政権の成長戦略の柱の1つに挙げられ、産業界でも、社内の女性活躍推進への関心が急速に高まっています。社内の女性活躍を通じた企業の競争力向上については、私も以前ブログで書いていますが、大分認識が広まってきていると思います。

www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=285#.VIvP_liCjIU

一方で、女性活躍という社会的課題に対応するCSVは、社内の女性活躍促進(バリューチェーンのCSV)に限りません。

社会の女性活躍を促進する製品・サービス(製品・サービスのCSV)もいろいろ考えられます。女性活躍促進のためには、まず家事・育児の負担軽減が必要です。最近の若い世代では、男性も家事・育児をかなり分担するようになっていますが、家事・育児負担が軽減されるにこしたことはありません。家事・育児の負担軽減については、これまでも家電や冷凍食品、通信販売、クリーニングサービス、ベビーフード、紙おむつなどが開発されてきていますが、まだまだイノベーションの余地はあるでしょう。家事代行サービス、育児支援サービスなどは、もっと使いやすくなると良いと思います。

マチ(地域社会)の課題の解決を図り、社会との共生を目指すローソンは、女性の社会進出に伴う課題に自社のビジネスモデルを通じて対応しようとしています。具体的には、短時間で栄養バランスに優れた食事を作りたいという課題に対し、定期宅配サービス「スマートキッチン」を提供しています。PCやパソコンで簡単に注文でき、栄養や品質にこだわった食材を提供しています。

家事・育児の負担軽減以外にも、女性がこれまで以上に自由に幅広く活躍するためには、身体面も含め、女性ならではの課題もあるでしょう。その辺は、女性自身による製品・サービスの開発が期待できるところです。

また、女性活躍のためには、女性が活躍できる環境を整備していく必要があります(ビジネス環境のCSV)。女性活躍のためのビジネス環境整備の動きとして、最近面白いと思ったのは、「農業女子」と「建機女子」です。

農業女子については、農林水産省が企業の協力を得て、女性の視点を生かした新たな商品やサービスを開発し、農業に従事する女性を増やそうとする「農業女子プロジェクト」を展開しています。女性が農業に従事しやすい環境を創りだし、女性就農者を増やし、担い手の高齢化や耕作放棄地の増加などが進む農業の課題を解決しようとするものです。モンベルが女性向け農業用作業着を開発、ダイハツ工業が農業女子の意見を取り入れた、ピンクやオレンジの鮮やかな車体で、フロントガラスに紫外線対策を施した軽トラックを開発しています。また、圃場のトイレ開発なども行われています。

建機女子は、建設現場で人手が不足する中、女性に建機のオペレーターとして活躍してもらおうとするものです。コマツは、建機の運転資格を取得するための女性専用講習などを設け、教習所も、託児所や女性専用更衣室などを用意し、女性が使いやすいようにしています。キャタピラーも教習所で女性限定の講習会を開いたりしています。コマツの大橋社長は、「タクシーやトラックの運転手では女性が増えている。建機のオペレーターには女性がほとんどいないが、同じように活躍できるはずだ」としています。

日本全体で女性活躍の動きが進む中、女性活躍を進める上での課題解決がビジネス機会となっています。○○女子ビジネスなど、まだまだいけそうな気がします。もちろん、○○女子ビジネスの担い手は、女性自身であることが望ましいのは言うまでもありません。

(参考)

www.jri.co.jp/page.jsp?id=24555

business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20141104/273328/

「コマツ「建機女子」応援」日経産業新聞(2014年12月9日)

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

コメント2件

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.