トライセクター・コラボレーション:ネスプレッソ@南スーダン

2015-07-09 08:59 am

明日、「トライセクター・コラボレーションで実現するCSV」と題したイベントを開催します。私が、”Shared Value Leadership Summit 2015”の報告も兼ねた最近のCSVの潮流について話をさせて頂いた後、企業、政府、NGO/NPOのトライセクターの代表者にご参加頂き、パネルディスカッションを行います。

企業が、社会問題の解決という目的を共有する政府、NGO/NPOとコラボレーションできることがCSVの特長です。現在、トライセクター・コラボレーションによるCSVのフロンティアは途上国で、様々な活動が行なわれています。Shared Value Leadership Summit 2015では、ネスプレッソと、ポーターのCSV論文で、「生産性や価値創造の重要性を理解した、新しいタイプのNGO」として紹介されているテクノサーブを中心とした活動についてのプレゼンテーションがありました。

ネスプレッソは、競争力の源泉である高品質なコーヒー豆の安定調達を実現するため、世界11ヶ国で、コーヒー農家の品質向上支援を行っています。そして、紛争が断続的に起こっており、「世界で最も脆弱な国家ランキング」で首位となっている南スーダンのコーヒー農家を再生するために、テクノサーブ、南スーダン政府と協働しています。テクノサーブは、貧困対策や紛争地域再生の専門知識を持つ組織として、ネスプレッソを支援し、欧州向けの輸出品目では初めて石油以外の品目として、コーヒーの輸出を実現させています。

ネスプレッソとテクノサーブの事例は、かなり特別な地域での事例ですが、途上国では、女性活躍支援を通じた市場開拓、社会的課題に対応した市場創造のための意識啓発活動など、様々な形態の企業とNGO、政府機関とのコラボレーションが行われています。

国内では、企業と政府、企業とNPO、あるいはトライセクターによるCSVは、まだこれからの段階ですが、ヤマト運輸などを代表的事例として、企業と自治体の協働などのCSVは始まりつつあります。社会的課題の山積する国内でも、トライセクターによるCSVの機会はいろいろありますので、明日のイベントなどをきっかけに、そうした動きが広まっていけば良いと考えています。

(参考)

www.devex.com/news/nespresso-brewing-a-business-case-for-high-risk-markets-86318

prw.kyodonews.jp/opn/release/201507031688/

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

コメント1件

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.