バークレイズ・レンズ

2016-06-02 08:40 am

英バークレイズは、NGOと協働して、従来は銀行のサービスにアクセスできていなかった人々に、お金の取り扱いに必要なスキルと基本的な金融サービスを提供するプログラムを展開するなど、金融機関の中でもCSVやサステナビリティに感度が高いイメージがあります。

実際のところ、バークレイズは、CSVやサステナビリティに対する感度を持つ企業カルチャーを醸成するため、意思決定において社会・環境面を考慮するため、2013年に“バークレイズ・レンズ”という意思決定ツールを導入しています。バークレイズ・レンズは、社員が自らの意思決定が、顧客や地域社会などのステークホルダーに短期・長期のどのようなインパクトを与えるかを広い視野で考えられるように設計された、5つの質問を投げかけるものです。バークレイズは、2015年末までに、グローバル社員の10,000人以上にレンズを用いた思考ができるよう訓練しています。

バークレイズ・レンズの1つ目の質問は、「我々は、どのように利益を上げているか(直接および間接的に)?」です。法令や法の精神に則り、ステークホルダーから受け入れられるやり方で、顧客から奪うのではなく、価値を提供することにより利益を上げているかを確認する質問です。

2つ目の質問は、「我々のコミュニケーション、顧客やステークホルダーとの対応は、透明で分かりやすいものとなっているか?」です。顧客やステークホルダーに分かりやすい平易な言葉で伝えること、意思決定の影響を受けるステークホルダーを考慮し、対話して必要な対応を行うことなどを確認する質問です。

3つ目の質問は、「我々は、どのように長期的な価値を生み出しているか?」です。明日の関係を犠牲にして今日の利益を確保していないか、顧客やステークホルダーの本質的ニーズに応えているかなどを確認する質問です。

4つ目の質問は、「我々は、如何に、バークレイズ、顧客、社会全体がWIN-WINとなる共有価値(シェアード・バリュー)を創造しているか?」です。バークレイズ、顧客、外部ステークホルダーへの長期的なプラスおよびマイナスの価値、顧客や地域社会が抱える課題を考慮し、必要な対応を行なっているかを確認する質問です。

5つ目の質問は、「それは正しいことか?」です。バークレイズの目的や価値観に合致しているか、他人や社会から見て正しいことで同僚や家族や友人に自信を持って説明できることかなどを確認する質問です。

バークレイズ・レンズは、シンプルなツールですが、社員に、社会における銀行の役割、法令を超える社会的責任を如何に果たすかを考えさせ、話し合い、意思決定に反映させるために有効なものです。こうしたカルチャーが根付けば、ビジネスを通じて社会に価値を生み出すCSVも進めやすくなるでしょう。

(参考)

www.home.barclays/content/dam/barclayspublic/docs/Citizenship/barclays_lens.pdf

www.greenbiz.com/article/transforming-culture-barclays-enel-and-campbell-soup

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

コメント1件

  • しむらしゅんた | 2016.09.23 12:12

    学習院大学経済学部3年の志村と申します。初めてメールさせていただきます。このたび水上さんの記事を読ませていただき、不躾ではありますが直接ご連絡させていただきました。
    実は、現在、大学のゼミ(経済学部・米山茂美ゼミナール)で、CSVやソーシャル・イノベーションについての研究を行っており、水上さんの記事に関連してさらに詳しくお伺いできればと思った次第です。具体的には、以下の点について関心があり、もし可能であれば一度お会いしてお話を伺わせていただくか、あるいはメールにてご教授いただければと考えております。
    1. まず、バークレイズ銀行とベンティゴ銀行のCSVの結果としての具体的な経済的成果と、それに関連し具体的なデータがあればご教唆いただきたいという点です。
    2. 我々は、特に銀行のCSVについて研究をしているのですが、銀行におけるCSVの定義や、メガバンク及び地銀におけるCSVの可能性についてご教唆いただきたいという点です。
    3. 最後に、NPOバンクに経済性をもたらすことが可能かどうかについてもご教唆いただければ幸いです。
    ご多忙のところ、誠に恐れ入りますがご連絡を頂戴できれば幸甚です。よろしくお願い申し上げます。

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.