世界で最も持続可能な企業:ダッソー・システムズ

2018-01-29 09:14 am

ダボス会議で、毎年恒例の「Global 100 世界で最も持続可能な企業Index」が発表されました。サステナビリティ関連の様々なKPIで評価されてインデックスに含まれた企業は、社会に価値を生み出しているだけでなく、財務パフォーマンスも優れており、ベンチマーク対象のMSCI All Country World Indexをパフォーマンスで上回っています。

www.corporateknights.com/reports/global-100/2018-global-100-results-15166618/

インデックスで最高の評価を受けた「世界で最も持続可能な企業」は、フランスのダッソー・システムズです。戦闘機ミラージュで知られるダッソー・アビアシオンの自社設計用3D-CADの開発部門を母体に設立された、フランス最大のソフトウェア企業です。メーカーを主要顧客として、製品のライフサイクル=設計・開発・保守・廃棄・リサイクルを一元管理するシステムなどを提供しています。

ダッソー・システムズは、顧客の製品ライフサイクルの最適化を通じて、廃棄物を削減することにフォーカスしてきました。3Dで設計を仮想化することで、資源を使って物理的にプロトタイプを作らずに済みます。また、ダッソー・システムズの製品は、太陽光だけで飛行する世界初の電動航空機ソーラーインパルス2の設計を支援するなど、様々な形で、サステナブルな社会づくりに貢献しています。Global 100を評価するコーポレート・ナイツ社は、ダッソーの収益の4分の1をクリーン製品が占めているとしています。

ダッソーは、製品によるサステナビリティへの貢献に加え、シニアエグゼクティブの報酬をサステナビリティ目標と関連付けている、女性が取締役会の半数以上を占めている(11人中6人)、CEOと一般社員の給与額の差が小さい(30:1)、納税額が多い(過去5年で収入の26%以上を納税)などの点でも高い評価を受けています。ダッソーは、納税は社会に貢献する重要な手段だと考えています。また、製品開発やビジネスモデルづくりに自社のソフトウェアを活用している様々なスタートアップ企業(波力発電装置開発企業など)を、事業を20年以上続けられることを目的に支援しています。

Global 100は、今年から「グリーン商品売上」を評価項目に含めたこともあり、インデックスの上位には、サステナビリティ製品を提供している企業が並びます。2位のフィンランドのエネルギー企業のネステは、投資の90%を再生可能燃料やバイオマテリアルの材料などに投入し、今後5年で収益の半分をクリーン商品から上げようとしています。3位のフランスの自動車部品メーカーのヴァレオは、自動車メーカーの排出ガス削減を支援する製品に注力しています。インデックスには、日本では余り有名でない企業も多く含まれていますが、上位の企業だけでも、どのような取り組みをしているのか調べてみると、参考になるでしょう。

(参考)

www.corporateknights.com/reports/2018-global-100/top-company-profile-dassault-systemes-15166617/

www.sustainablebrands.com/news_and_views/walking_talk/sustainable_brands/tech_oil_automotive_industries_top_2018_global_100_in

※CSV推進にご関心のある方は、mizukami@cre-en.jpまでご連絡ください。

csv-jp.org/related_info.html

bizgate.nikkei.co.jp/series/007620/index.html

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.