Change the World List 2018。36~46位の紹介

2018-09-06 09:17 am

”Change the World List 2018”にリストアップされている企業の取り組み紹介第4弾。36位は、シンガポールの配車アプリ企業グラブです。今や100億ドルの企業価値のあるグラブは、タクシーサービスを安全にするだけでなく、ドライバーに魅力的な仕事を提供しています。東南アジア8カ国の200万人以上のドライバーがグラブを使っており、地域の平均より32%以上高い収入を得ています。グラブは、さらに、金融サービスにも進出し、保持するデータをドライバーの保険に活用し、クレジットスコアによるマイクロローンにも活用しています。グラブのモバイル支払いアプリ(グラブペイ)は、銀行にアクセスできていない70%の東南アジアの人々に、生活のために重要なソリューションを提供しています。

37位は、リーバイスです。政府の規制に先んじて、生産プロセス、サプライチェーンから有害化学物質をなくし、クリーンでグリーンなジーンズを提供しています。リーバイスは、化学物質に関する知見を業界全体で共有し、レーザーを活用して仕上げ工程から化学物質を不要にし、労働者の安全も向上しています。38位は、ブラジルの化粧品会社ナチュラ・コスメティコスです。ナチュラは、上場企業として初めてBコープ認証を受けています。アマゾンからサステナブルでエシカルな原材料を調達し、2020年までに、現地企業を含む1万以上の小規模生産者をサプライチェーンに加えようとしています。

www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=1260#.W4_csvZuJdg

39位は、マイクロソフトです。AIやクラウドを活用してアクセシビリティを推進し、障がい者に活躍の場を提供しています。40位は、インドネシアのラカット銀行で、国内で最も利益のある銀行であり、最大のマイクロローンの提供者でもあります。そして、自動車銀行、船舶銀行などで、17,000の島々の顧客にリーチしています。41位は、米国のオールステート保険。通常、被災者は、災害後、保険が下りるまで数週間待たされますが、オールステートは、衛星やドローンの画像を使ったバーチャル検査で損害を確定し、被災者が早く保険金を得られるようにしています。

42位は、バークレイズ。数億人が雇用を必要としている一方、必要なスキルを持っていないという現状において、50カ国以上で事業を展開するバークレイズ銀行は、若年失業者に必要なスキルを与えるプログラムと、失業者と雇用者とのマッチングプログラムを提供しています。年間210万人がこれらのプログラムを活用し、アジア太平洋地域で、6万人の若手エンジニアまたは大学卒業生が職を得ています。

43位は、シスコシステムズです。このブログでも紹介しているシスコ・ネットワーキングアカデミーは、1998年には2.7万人程度がアカデミーに入学していましたが、2017年には、130万人となっています。生徒は、サイバーセキュリティ、ネットワーク技術、ITなどを学び、70%の卒業生が、新しい仕事、給与アップ、昇進を得ています。

www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=2979#.W4_eiPZuJdg

44位は、米食肉大手タイソンフーズです。自社の役割を見直しながら、植物由来のミートを創るビヨンドミート、細胞からミートを創る企業など、破壊的だがサステナブルな食物のアイデアに投資しています。タイソンは、また、鶏肉のサプライチェーンから抗生物質をなくす取り組みなども進めています。

45位は、中国のEコマース大手JDドットコムです。米国の人口より多い5.89億人の中国の農村部の人々がEコマースにアクセスできていない中、ドローンを用いて100の村で2万以上の配達を行うなど、ドローンやロボットを用いて農村部のEコマースへのアクセスを提供しています。。また、都会では、自律走行のミニカーで、渋滞を避けています。これにより、農家と都市の市場を結び付けています。

46位は、ヒルトンです。世界中で5,400以上のホテルを展開し、年間1.6億人のゲストを迎えているホテルチェーンとして、大量のシーツを洗濯し、大量の電力を小型冷蔵庫などで消費していますが。各ホテルのマネージャーが、環境負荷を測定し改善できるプラットフォームを用いて、10年前に比べると、カーボン排出や廃棄物を30%削減し、水やエネルギーの消費を20%削減し、一方で、10億ドルのコストを削減しています。ヒルトンは、2030年までに、水と廃棄物をさらに50%削減し、CO2をさらに60%削減することを宣言しています。

次回は、47位から57位までご紹介します。

(参考)

fortune.com/change-the-world/list

※CSV推進にご関心のある方は、mizukami@cre-en.jpまでご連絡ください。

csv-jp.org/related_info.html

bizgate.nikkei.co.jp/series/007620/index.html

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.