本物のパーパスが求められる時代を反映するスーパーボウルCM

2019-02-13 09:41 pm

今年のスーパーボウルは、ニューイングランド・ペイトリオッツの6度目の優勝で幕を閉じました。私がボストンに居た頃は、名門で人気チームではありましたが、そこまでの強豪ではなかったのですが、2000年代に入ってから、QBトム・ブレイディを擁して黄金期を築いています。

スーパーボウルは、米国最大のスポーツの祭典で、毎年40%以上の視聴率を誇り1億人以上が視聴し、CM枠の価格は世界で最も高価で、30秒枠で5億円以上といわれます。CMも全米の注目を浴びることから、各社が力を入れて製作しており、その内容は時代を反映するものとなっています。近年のトレンドでもあるのですが、今年のスーパーボウルCMでも、“パーパス”に関連するものが目立ちました。

マイクロソフトは、障がい者向けのXboxコントローラーで、障がいのある子どもとそうでない子どもたちが一緒に楽しんでいる様子を流し、多様な状態の子供たちが皆同じように楽しめる世界を目指していることを伝えています。

アンハイザー・ブッシュ・インベブは、ボブ・ディランの「風に吹かれて」をBGMとして、バドワイザーを皮切りにすべてのビールを2025年までに風力を中心とする再生可能エネルギーで製造することにコミットしていることを伝えています。

その他、ベルギービールのステラアルトワがビールを飲むたびにきれいな水を必要としている人々に寄付するキャンペーンを伝え、ベライゾンが緊急時の最初の対応者(ファースト・レスポンダー、その2/3がベライゾンをコミュニケーションに利用)を称賛し、トヨタが女性フットボール選手を使ってジェンダー平等への対応を喚起しています。

しかし全般としては、NFLが、人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手を追放し、国家斉唱拒否に罰金を科すと決定したことで批判されていることなども踏まえて、CMの内容も視聴者の感情を刺激しない無難なものとなっています。

www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=3571#.XF99NPZuJdg

昨年ヒュンダイが、スーパーボウルのCMで自社が設立した小児がん研究支援団体に1,500万ドル寄付したことをPRしたことが、「1,500万ドルの寄付をPRするためにスーパーボウルのCMに500万ドルもの大金を使うのは偽善ではないか」と批判されたことなどで、パーパスを主張しすぎて批判される(パーパス・ウォッシング)ことのないよう注意深くなっていることもあるでしょう。

www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=3679#.XF9rdPZuJdg

スーパーボウルのCMからも、「パーパスの時代」を感じ取ることができます。さらに今年のCMは、表面的でなく、パーパス・ウォッシングでない本物(Authentic)のパーパスが求められる時代となっていることを反映していると言えるでしょう。

www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=2918#.XF-DEvZuJdg

(参考)

www.conecomm.com/insights-blog/2019/2/5/low-impact-on-and-off-the-field-brands-shy-away-from-social-issues

justmeans.com/blog/super-bowl-ad-shows-anheuser-busch-inbevs-global-leadership-on-renewable-energy

adgang.jp/2019/01/170789.html

sustainablebrands.com/read/marketing-and-comms/was-i-asleep-during-this-year-s-super-bowl

※CSV推進にご関心のある方は、以下までご連絡下さい。
takehikomizukami@yahoo.co.jp
参考CSV情報

csv-jp.org/related_info.html

bizgate.nikkei.co.jp/article/DGXMZO2856747026032018000000?page=5

bizgate.nikkei.co.jp/article/DGXMZO2856746026032018000000

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.