コンサルティング

優先順位を決定する

CSR観点の現状分析

CSRに関する国内外の社会的要請(社会的に認知されている規範、ガイドライン、指標等)に対する自社の対応状況をチェックし、CSRに関する自社の現状を外部の視点で客観的に把握します。

プロジェクトの目的・考え方

現状分析は、自社が取り組むべき課題を抽出し、「強み」と「弱み」を把握できるだけでなく、戦略策定、組織体制構築、今後の取り組み内容の検討などの基本的なCSRマネジメントを実施する出発点となります。

現状分析を実施する際は、「CSR現状把握ツール」を活用すると、多岐にわたる社会的要請への対応状況を、網羅的に確認することができます。社会からの期待と自社の対応状況とのギャップを把握することが、自社が取り組むべきCSR活動を明らかにするための手立てとなります。

なお、現状分析を実施するにあたっては、現状分析結果をどう活用するかの目的を明確化することが重要です。

※ CSR現状把握ツール:世界の重要規範・ガイドライン・指標などの社会的要請を、企業の現状把握用にクレアン/CSR経営研究所が整理・統合して作成した
自己診断ツール

プロジェクトの流れ

STEP1 ツールによる網羅的な現状把握 1.CSR現状把握ツールに回答針を検討 現状把握を行う部門と担当者を選定 各部門で現状把握ツールに回答 回答結果から、各部門の対応状況を把握し、課題を仮説設定
STEP2 ヒアリングによる現状精査 1.仮説課題が得られた部分を中心にヒアリングを実施 対象部門へヒアリングを行い、業務や組織の現状を把握しつつ、CSR課題の精査を実施 事業特性、戦略、経営上の課題認識等を併せて理解 必要に応じてステークホルダーへのヒアリングも実施
STEP3 結果分析と課題抽出 1.現状把握結果の整理 CSR現状把握ツールとヒアリングの結果から、社会的要請への対応状況を網羅的に整理し、課題を抽出 事業特性、戦略等にかんがみ課題を優先付け
STEP1 ツールによる網羅的な現状把握 1.CSR現状把握ツールに回答針を検討 現状把握を行う部門と担当者を選定 各部門で現状把握ツールに回答 回答結果から、各部門の対応状況を把握し、課題を仮説設定
STEP2 ヒアリングによる現状精査 1.仮説課題が得られた部分を中心にヒアリングを実施 対象部門へヒアリングを行い、業務や組織の現状を把握しつつ、CSR課題の精査を実施 事業特性、戦略、経営上の課題認識等を併せて理解 必要に応じてステークホルダーへのヒアリングも実施
STEP3 結果分析と課題抽出 1.現状把握結果の整理 CSR現状把握ツールとヒアリングの結果から、社会的要請への対応状況を網羅的に整理し、課題を抽出 事業特性、戦略等にかんがみ課題を優先付け

標準期間:1~3ヶ月
プロジェクトに関係する部門:人事部

標準的な現状分析の流れ。実際のプロジェクトでは目的に応じて内容をカスタマイズ

コンサルティング実績

  • 大手総合商社、大手自動車メーカー、大手住宅メーカー、大手情報通信企業、大手不動産企業、大手自動車部品メーカー、大手食品メーカー等、ほぼすべての業種において実績多数