コンサルティング

経営戦略を立てる

サステナブル・
イノベーション

数年前まで「環境は金にならない」と考えられていましたが、現在では、「環境」は、多くの企業が注目する成長市場となっています。このようにポテンシャルの大きいサステナビリティ市場で、自社の強みを活かした新しい価値創造(イノベーション)を実現するための事業開発を、サステナビリティに関する深い専門知識とノウハウをベースに支援します。

プロジェクトの目的・考え方

気候変動や水資源など、人類・社会の持続可能性に関わる社会課題が顕在化する中、サステナビリティ課題の解決にむけた新たな市場が生まれています。この市場は、政府や市民の意識変化など、社会経済システムのパラダイムシフトを伴って誕生・拡大しており、今後の長期的な企業の発展やグローバル市場での市場開拓を考えた場合、この市場に自社がどう対応していくかを考えることは避けて通れません。

このサステナビリティ市場への対応に向けた新たな事業の創出・変革を「サステナビリティ・イノベーション」と呼び、大きく4つの検討アプローチがあります。クレアンでは、貴社に適したサステナブル・イノベーションの支援を行います。

サステナビリティ視点での新事業創出の方法

サステナビリティ視点での新事業創出の方法

プロジェクトの流れ


STEP1 課題と強みの整理 1.解決が求められるサステナビリティ課題を整理 自社に関連しそうな課題については、出来る限り具体的に整理 2.一方で、自社の強みおよび強みに由来する提供機能・能力を整理
STEP2 アイデア創発とスクリーニング 1.課題と自社ミッション・強みに鑑みてアイディアを創発 組織横断的な幅広い視点によるブレインストーミング 2.「自社適合度(自社にとっての意味合い、自社がなすべき必然性)」、「社会的インパクト」の視点からアイディアをスクリーニング 社会的意味合いが大きく、自社ミッション・強みと整合する課題対応によるイノベーションを創出
STEP3 プロジェクトとしての具現化 1.長期視点での実現可能性にもとづきプロジェクトを決定 2.意欲重視で選定したプロジェクトチームによる実行 社内公募等により意欲ある人材を選任 事業化段階においてステークホルダーと協働

STEP1 課題と強みの整理 1.解決が求められるサステナビリティ課題を整理 自社に関連しそうな課題については、出来る限り具体的に整理 2.一方で、自社の強みおよび強みに由来する提供機能・能力を整理
STEP2 アイデア創発とスクリーニング 1.課題と自社ミッション・強みに鑑みてアイディアを創発 組織横断的な幅広い視点によるブレインストーミング 2.「自社適合度(自社にとっての意味合い、自社がなすべき必然性)」、「社会的インパクト」の視点からアイディアをスクリーニング 社会的意味合いが大きく、自社ミッション・強みと整合する課題対応によるイノベーションを創出
STEP3 プロジェクトとしての具現化 1.長期視点での実現可能性にもとづきプロジェクトを決定 2.意欲重視で選定したプロジェクトチームによる実行 社内公募等により意欲ある人材を選任 事業化段階においてステークホルダーと協働

標準期間:1~6ヶ月
プロジェクトに関係する部門: 担当事業部門、経営企画部門、研究開発部門

コンサルティング実績

  • 大手機械メーカー(社会課題に対応する新規事業創出プロジェクト)
  • 大手化学メーカー(環境関連ビジネス創出支援) 等

サステナブル・イノベーション