ページ内を移動するためのリンクです。

CSRコンサルティングサービス

ESGに関する各種アドバイザリー

持続的成長の実現に向け、スチュワードシップ・コード、コーポレートガバナンス・コード導入とともに、ESGへの関心が高まっています。クレアンでは、ESG情報開示や取組みに関して、同業他社等とのベンチマーク調査・分析を行い、各種ガイドライン、SRI、CSRトレンドや投資家視点から、具体的提案を行うサービスを提供しています。また、コーポレートガバナンスのみに焦点を当てたサービスも行っています。

さらにESGコミュニケーション全般で以下のサービスも展開しています。

  • ESGファクターを織込んだ中長期ビジョン、会社方針説明会、中期経営計画策定の支援コンサルティング
  • 戦略的ESGストーリーの構築を含むアナリスト向けESG説明会のプロデュース、資料作成等、IR活動支援コンサルティング
  • これからESG分析・投資を活発化させる機関投資家のための各種ESG研修・勉強会

プロジェクトの目的・考え方

ESG情報開示・分析は、柔軟なベンチマーク企業設定に加え、目的ごとのテーラーメードの分析プログラム構築が特色です。様々な座標軸を合わせ、投資家にもマルチステークホルダーにも訴求できる情報発信を目指します。各開示項目や取組みに優先順位を付け、短期、中長期の課題整理及び報告書、データブック、ウェブ等に情報を効果的に振り分ける戦略的ESG情報開示を可能とします。

プロジェクトの流れ
STEP1 アウトプットイメージの共有と分析対象企業の決定

ベンチマーク対象企業選定及び課題、目的、納品イメージ共有


  1. 課題意識、目標の確認とプロジェクトでのアウトプットイメージの共有
  2. ESG開示情報データを利用したベンチマーク分析対象企業を弊社から提案、協議の上決定
STEP2 プログラム構築・ベンチマーク調査・分析の実施

ベンチマーク対象企業のESG情報開示及び取組み状況の分析


  1. ステップ1より、テーラーメードのベンチマーク分析プログラムを構築
  2. 精査ベンチマーク企業(数社)の報告書、ウェ等の開示や取り組みを調査分析。広汎ベンチマーク企業(~12社)の開示状況も分析へと反映
STEP3 開示、取組み状況 分析結果及びご提案の説明

分析結果をまとめ、優先すべき情報開示、取組み等をご提案


  1. 分析結果に基づき、今後の貴行開示、取組みにおける課題と提案内容を報告書にとりまとめ
  2. 課題、目的に応じ、各種フレームワーク、SRI、CSRトレンドや投資家動向等も加味、今後の具体的なステップをご提案
STEP4 貴社内での情報開示・取組み  推進支援

貴社内各推進部門への現状、改善提案のご説明


  1. 各CSR推進部門に調査結果を説明、意見交換も通じ、現状と今後の方向性につきご理解いただく
  2. 今後の情報開示と取組み推進に向けた改善提案を課題分野別に、関連推進各部門にご説明

標準期間:~2ヶ月

プロジェクトに関係する部門: CSR、人事部、法務部、総務部、購買部、環境部、広報部、事業部門 等

さらに、IR、経営企画や経営陣も関連するESGファクターを織込んだ中長期ビジョン、会社方針説明会、中期経営計画策定やIR支援のコンサルティングは、二つのコードでも求められるESG観点による中長期での企業価値創造ストーリーの構築プロセスです。これらは、長期志向の安定株主を厚くし、経営資源の中長期的な有効活用を可能とする持続的経営に寄与するものです。

コンサルティング実績

大手住設メーカー、大手タイヤメーカー、大手海運会社、大手総合食品メーカー、大手銀行,大手総合食品メーカー(ESGアナリストミーティング)、各種セミナー等、多くの業種にて実績あり。