コンサルティング

経営へ統合する

サステナビリティ・
マーケティング

人々の環境や社会課題に対する意識に強く訴求するマーケティングを通じて、人々の意識啓発や社会課題の解決に貢献しつつ、新規顧客層の開拓やロイヤリティの向上、製品・サービスの普及、社会的評価の向上などを実現します。

プロジェクトの目的・考え方

製品やサービスの売上の一部を特定の社会課題の解決に寄付するコーズ・リレーテッド・マーケティングなど、社会課題への対応をマーケティングに取り入れた商品やサービスが増加しています。この背景には、社会課題への人々の意識(サステナビリティ意識)の変化があり、マズローの欲求段階説にもない新しい消費者心理へのアプローチ手法の一つと言えます。

サステナビリティ・マーケティングは、サステナビリティへの消費者の意識啓発や課題解決に貢献しつつ、製品・サービスの普及や新規市場の開拓、社会的評価の向上をもたらすなど、使う対象や方法によって、これまでにない価値を生み出すことも可能です。

  • マズローの欲求段階説:人間の欲求を低次から、「生理的欲求」「安全の欲求」「所属と愛の欲求」「承認の欲求」「自己実現の欲求」の5段階で理論化したもの。

プロジェクトの流れ

STEP1 対象製品・サービスと基本方針の策定 1.対象製品・サービスを設定 2.対象製品・サービスに適したマーケティング基本方針を策定 製品・サービスの環境・社会課題を解決する機能をアピールするマーケティング 製品・サービスと何らかの社会・環境課題解決とリンクさせたマーケティング 等
STEP2 マーケティング戦略仮説の構築 1.左記基本方針に基づき、マーケティング戦略を具体化 アピールする機能または解決を目指す社会・環境課題(コーズ) ターゲット顧客セグメント コミュニケーション手法 等
STEP3 レビュー 1.マーケティング戦略実行の一定期間後に、マーケティングの実効性を製品・サービスの販売実績、消費者調査等によりレビュー 2.必要に応じて、マーケティング戦略を再構築
STEP1 対象製品・サービスと基本方針の策定 1.対象製品・サービスを設定 2.対象製品・サービスに適したマーケティング基本方針を策定 製品・サービスの環境・社会課題を解決する機能をアピールするマーケティング 製品・サービスと何らかの社会・環境課題解決とリンクさせたマーケティング 等
STEP2 マーケティング戦略仮説の構築 1.左記基本方針に基づき、マーケティング戦略を具体化 アピールする機能または解決を目指す社会・環境課題(コーズ) ターゲット顧客セグメント コミュニケーション手法 等
STEP3 レビュー 1.マーケティング戦略実行の一定期間後に、マーケティングの実効性を製品・サービスの販売実績、消費者調査等によりレビュー 2.必要に応じて、マーケティング戦略を再構築

標準期間:1~3ヶ月+α(レビュー)
プロジェクトに関係する部門: マーケティング部門、担当事業部門

コンサルティング実績

  • 大手消費財メーカー(ソーシャル・マーケティング戦略構築支援)
  • 大手食品メーカー(コーズ・リレーテッド・マーケティング戦略構築支援)等

サステナビリティ・マーケティング