コンサルティング

理解する

長期シナリオ分析

「将来を確実に予測することはできない」が、「世の中がこういう範囲で動くことは想定できる」と考え、想定される未来のシナリオをいくつか作成し、それに対する対策を検討することを通じて、将来の競争環境の変化への対応や競争力の確保を図ります。

プロジェクトの目的・考え方

不確実性の高い時代では、将来の経営環境は確実には見通せません。しかし、このような不確実な環境下でも自社の持続可能性を確保するためには、少子高齢化の進展などに象徴されるように「すでに起こった未来」等、確実に押さえることのできる将来動向を把握し、不確実な部分についてはその変動やインパクトの大きさをいくつかのパターンで見通すことを通じて、思わぬ変化が起こった場合にも対応できるように準備することができます。

「長期シナリオ分析」は、不確実な時代に想定される事業環境の変化を、不確実性とインパクトの大きい要素を中心に、2~3のシナリオとして整理し、各シナリオへの対応策と変化を予兆する因子(EWS)を設定して、変化が起こった場合に先取りして対応できるようにするための手段です。

長期シナリオを策定する場合は、社内を説得して将来への適切な準備を行うために、しっかりと精査・議論された納得性の高いシナリオを構築することが必要です。また、長期シナリオの結果は、ビジョン(中長期の達成像)を策定する際の貴重な参考情報になります。

※ EWS:Early Warning Sign

プロジェクトの流れ

STEP1 フレームワークの構築 1.「対象テーマ(What)」「時間軸(When)」「地理軸(Where)」等のシナリオ構築の基本フレームワークを設定 2.併せて、情報収集・分析の対象となる基本検討要素のフレームワークを設定
STEP2 キードライビングフォースの選定 1.基本検討要素を調査・分析し、未来を形づくる要素である「ドライビングフォース」を選定 2.その中でも「不確実性」×「インパクト」の大きなものを、シナリオを規定するキー・ドライビングフォースとして選定
STEP3 長期シナリオの策定 1.キー・ドライビングフォースを基軸としてシナリオを構築 シナリオは、理解・記憶しやすいストーリーとして構成 2.各シナリオに対して、自社がとるべき対応の基本方針を策定 3.併せて、各シナリオへの変化を予兆する因子(EWS)を設定
STEP1 フレームワークの構築 1.「対象テーマ(What)」「時間軸(When)」「地理軸(Where)」等のシナリオ構築の基本フレームワークを設定 2.併せて、情報収集・分析の対象となる基本検討要素のフレームワークを設定
STEP2 キードライビングフォースの選定 1.基本検討要素を調査・分析し、未来を形づくる要素である「ドライビングフォース」を選定 2.その中でも「不確実性」×「インパクト」の大きなものを、シナリオを規定するキー・ドライビングフォースとして選定
STEP3 長期シナリオの策定 1.キー・ドライビングフォースを基軸としてシナリオを構築 シナリオは、理解・記憶しやすいストーリーとして構成 2.各シナリオに対して、自社がとるべき対応の基本方針を策定 3.併せて、各シナリオへの変化を予兆する因子(EWS)を設定

標準期間:1~3ヶ月
プロジェクトに関係する部門:人事部

コンサルティング実績

  • 中央官庁(2030年の社会構造を反映したシナリオおよびビジョン策定支援)
  • 大手飲料メーカー、大手エネルギー企業、大手家電メーカー等、多数の長期シナリオ策定を支援