コンサルティング

目標を設定する

CSR目標の策定

本プロジェクトでは、全社および部門別のCSRに関する活動目標を設定し、マネジメントシステムを機能させるためのサポートを行います。

プロジェクトの目的・考え方

CSR活動を着実に推進するためには、特定された課題に対して活動目標(CSR目標)を策定し、Plan(計画・目標の立案)-Do(実施)-Check(検証)-Act(見直し)のマネジメントプロセスに沿って、組織的・体系的に取り組むことが必要です。

CSR目標の策定は、CSR方針やCSRビジョンといった活動の大方針に基づき、自社の目標管理システムとの整合を取る形で中期や単年度の目標を設定しますが、初めてCSR目標を策定する際は、どのような課題に対して、どのような目標を設定すればよいか判断が難しい場合があります。また、設定したCSR目標の実施状況の検証(レビュー)では、自社だけでなく、課題に関わるステークホルダーの視点から検証・見直しを行うことがCSRの推進では重要です。これら一連のCSR目標の策定とマネジメントシステムの導入を支援いたします。

CSR目標の進捗や達成度を評価する管理指標(KPI)を策定したい場合は、「管理指標(KPI)の策定」をご覧ください。

プロジェクトの流れ

STEP1 取り組むべき課題の特定 1.取り組むべき課題の特定 各部門の責任者に、CSRの目標を策定する経営的意味合いを説明 CSRに関する課題全般の中から、当該年度に取り組む課題を、CSR方針やビジョン、中期計画、重要課題等を踏まえて決定する
STEP2 目標の策定 1.CSR目標の策定 決定した課題に対して、実施者とディスカッションしながら、当該年度中にどこまで取り組むかを検討し、CSR目標を設定 可能な限り、定量的もしくは進捗評価が行いやすい定性目標とする 2.目標の確定 必要に応じて、社内の承認を得る
STEP3 目標の実行とレビュー 1.目標の実践 各部門の実施を、適宜、CSR部門が支援する 2.レビュー 定期的にレビューを実施し、次年度の目標策定に結果を反映する(半期または年度)必要に応じて、課題に関わるステークホルダーとの対話を実施して、フィードバックを得る
STEP1 取り組むべき課題の特定 1.取り組むべき課題の特定 各部門の責任者に、CSRの目標を策定する経営的意味合いを説明 CSRに関する課題全般の中から、当該年度に取り組む課題を、CSR方針やビジョン、中期計画、重要課題等を踏まえて決定する
STEP2 目標の策定 1.CSR目標の策定 決定した課題に対して、実施者とディスカッションしながら、当該年度中にどこまで取り組むかを検討し、CSR目標を設定 可能な限り、定量的もしくは進捗評価が行いやすい定性目標とする 2.目標の確定 必要に応じて、社内の承認を得る
STEP3 目標の実行とレビュー 1.目標の実践 各部門の実施を、適宜、CSR部門が支援する 2.レビュー 定期的にレビューを実施し、次年度の目標策定に結果を反映する(半期または年度)必要に応じて、課題に関わるステークホルダーとの対話を実施して、フィードバックを得る

標準期間:2~4ヶ月
プロジェクトに関係する部門: 経営企画部、人事部など目標設定が必要な全部門

コンサルティング実績

  • 大手総合商社、大手電子機器メーカー、大手情報通信企業、大手鉄鋼商社、大手飲料メーカー(環境目標) など多数