コンサルティング

経営戦略を立てる

CSRビジョンの策定

CSR活動を通じて達成したい企業像を明文化したものが「CSRビジョン」です。CSRは抽象的で、一般の社員にはイメージが難しい面がありますが、CSRビジョンを策定することで、CSR活動を通じて何を目差すのかが「見える化」されるため、CSRを推進する大きな力となります。

プロジェクトの目的・考え方

CSRビジョンとは、CSR活動を通じて中長期的に目差す企業像(ビジョン)を明文化したものです。自社がCSR活動を通じて目指す姿を具体的に示すことで、一人ひとりの社員は中長期の達成像から振り返って、今何に取り組めば良いかを考えながら、CSR活動に取り組めるようになります。

CSRビジョンを策定するには、企画段階から全社的な検討体制を構築することが重要であり、トップダウンを基点に進めることが推奨されます。作業プロセスでは、理念体系との整合性を考慮しながら、部門横断的なワークショップを実施することが有効です。また、外部のステークホルダーの声を反映することで、社内外の要請を踏まえた企業像を策定することが可能となります。

CSRビジョンが策定されれば、各部門はCSRビジョンを念頭に中計計画や年度目標を策定することが可能となります。

プロジェクトの流れ

STEP1 現状認識 1.外部環境トレンドの理解 「持続可能性」を巡る現在の社会のトレンドと、今後の変化予測を共有 2.自社の経営環境を共有 3.自社の強み・弱み・DNAの確認 「自社がどのような会社であるか」、「何ができ何ができないか」の認識を共有
STEP2 ビジョン仮説の構築 1.経営層とマネジメント層の意識共有 ワークショップ、セミナー等を活用しながら、マネジメント層の意識共有を図る 2.ビジョンの仮説を構築 主要部門の担当者レベルの社員を招集 部門横断ワークショップを複数回開催し、ビジョンの仮説を構築
STEP3 ビジョンの最終化 1.外部ステークホルダーの期待を反映 外部ステークホルダーとのダイアログ、ヒアリング等を通じて、外部ステークホルダーの期待を把握し反映する 2.マネジメント層による確認および経営層の承認 CSR委員会等でのCSRビジョンを確認、適宜修正して最終承認を得る CSRビジョン策定後の社内展開・浸透についても併せて施策を検討
STEP1 現状認識 1.外部環境トレンドの理解 「持続可能性」を巡る現在の社会のトレンドと、今後の変化予測を共有 2.自社の経営環境を共有 3.自社の強み・弱み・DNAの確認 「自社がどのような会社であるか」、「何ができ何ができないか」の認識を共有
STEP2 ビジョン仮説の構築 1.経営層とマネジメント層の意識共有 ワークショップ、セミナー等を活用しながら、マネジメント層の意識共有を図る 2.ビジョンの仮説を構築 主要部門の担当者レベルの社員を招集 部門横断ワークショップを複数回開催し、ビジョンの仮説を構築
STEP3 ビジョンの最終化 1.外部ステークホルダーの期待を反映 外部ステークホルダーとのダイアログ、ヒアリング等を通じて、外部ステークホルダーの期待を把握し反映する 2.マネジメント層による確認および経営層の承認 CSR委員会等でのCSRビジョンを確認、適宜修正して最終承認を得る CSRビジョン策定後の社内展開・浸透についても併せて施策を検討

標準期間:2~6ヶ月
プロジェクトに関係する部門: 経営企画部、環境部門、人事部門、各事業部門、研究開発部門 等

コンサルティング実績

  • 大手飲料メーカー(CSRビジョンおよびアクションプラン策定支援)
  • 大手通信関連企業(2030年の社会ビジョン策定を支援)
  • 大手電子機器メーカー
  • 大手住宅メーカー、大手食品メーカー、大手自動車メーカー、大手情報システム会社 など多数