SDGs実現に向けてユニークな課題設定を

2016-10-31 08:46 am

CSVは、「ビジネスによる社会課題の解決」と言われます。ここで言う社会課題とは何でしょうか。最近で言えば、SDGsのようなものが社会課題と理解されているかも知れません。しかし、SDGsはその名のとおり目標です。目標1.「あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる」など。目標は、目指す姿、あるべき姿と言い換えられます。

では、社会課題とは何か、ということを考える前に、「問題」と「課題」の違いを整理する必要があります。「問題」とは、現状とあるべき姿のギャップです。「あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる」という目標に対して、現在貧困が存在していることが問題です。一方「課題」とは、問題を解決すべきためにすべきことです。貧困問題を解決するためにすべきこと、例えば、「貧困地域の人々に教育の重要性を啓発する」「教育施設整備や教師へのトレーニングなど教育環境を整備する」などです。これが社会課題となります。

問題解決のためには、課題を設定し解決策を検討・実行することが必要ですが、SDGs実現に向けて問題解決をしていくためには、17ゴール、169ターゲット実現に向けた課題設定が必要です。企業がSDGsを対象としたCSVを考える場合、課題設定や解決策は、それぞれの企業が自らの強みやリソースにかんがみて、独自なものを考えるべきものだと思います。マイケル・ポーター教授は、CSVにはユニークネスが重要と言っていましたが、SDGsにはユニークネスはなくとも、SDGs実現に向けた課題設定・解決策については、ユニークなものを考え、提供することができます。

なお、別の言葉の定義として、SDGsのゴールとターゲットの違いですが、ゴールは、「将来達成したいと思うもの」、「最終的な目標点」、ターゲットは、「達成したい具体的な成果」です。ゴールが長期的目標・目指す姿、ターゲットが短期的・現実的・具体的な目標といったニュアンスです。

もとに戻りますが、SDGs自体は社会課題ではありません。SDGs実現に向けて具体的にすべきことを設定したものが社会課題です。SDGs実現に向けて自社は何をすべきか、自社ならではの課題設定を検討してみては如何でしょうか。

(参考)

matome.naver.jp/odai/2140905307385143301

howardberk.japanblue.net/?p=219

※CSV推進にご関心のある方は、mizukami@cre-en.jpまでご連絡下さい。

csv-jp.org/related_info.html

bizgate.nikkei.co.jp/series/007620/

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.