CSV企業のフレームワーク

2018-06-20 08:27 pm

今年のShared Value Leadership Summitのワークショップで、「CSV企業のフレームワーク(The Shared Value Enterprise Framework)」が提示されました。CSV企業にとって必要な要素を洗い出し、CSV企業に向けたジャーニーがどこまで進んでいるかを評価するためのものです。まだ完成版ではないようですが、FSGがネスレやエネルなどと議論を重ねた作成したということです。

www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=3420#.WyXRqkxuJdg

CSV企業のフレームワークは、「パーパス(Purpose)」、「活動(Practice)」、「組織・人材(People)」の3つの柱と、それに基づく12の成功要因から構成されます。

パーパスに関する成功要因としては、以下の3つが挙げられています。
「統合されたパーパス(Corporate Purpose)」:組織の社会的目的が明確に定義され、ビジネスの目的に関連し、長期の企業・事業部門の成長目標と統合されている。
「マネジメントの理解(The C-Suite Leadership Engagement)」:マネジメントが、CSVのコンセプトや企業の長期的成功にパーパスに基づく成長の役割が重要であることを深く理解している。
「CSV戦略(Long-Term Strategy)」:ビジネスにとって最も重要な課題(マテリアリティ)に対してCSV戦略が定義されており、成長とイノベーションを促進するという観点で、他のビジネス機会と合わせて優先順位付けされている。

活動に関する成功要因としては、以下の5つが挙げられています。
「計画と実績の統合(Planning and Performance Accountability)」:年次の経営計画策定、目標設定、目標の実行が、CSV戦略と統合されている。
「CSVに適した組織構造(Organizational Structure)」:CSVの検討と実践を促進するよう組織構造が設計され機能している。
「CSVの評価(Measuring Shared Value)」:重点領域において、CSVの実践に関するビジネス価値と社会インパクトが評価されるようになっている。
「CSVの報告とコミュニケーション(Reporting and Communication)」:CSVのコミットメントを社内外に明示し、進捗を定期的に報告している。
「外部とのパートナーシップ(External Partnership)」:優先度の高いCSV課題に関して、リーダーが外部ステークホルダーと協働し、共に学び、エンゲージし、長期的で持続可能な関係を構築している。

組織・人材に関する成功要因としては、以下の4つが挙げられています。
「CSVを促進する企業文化(Corporate Culture)」:企業文化がパーパスと整合し、CSVを支援し、長期的なCSV目標に向けたイノベーションを促進している。
「次世代CSV人財(Next Generation Talent)」:CSV戦略実践に必要なコミットメント、関心、求められるコンピテンシーを持つ人財を惹きつけ、雇用・維持している。
「CSVの知識とスキルの蓄積(Knowledge and Skills-Building)」:CSVに関する知識と従業員のコンピテンシーを積極的に蓄積している。
「CSVへの報酬(Performance and Pay)」:合意して設定されたCSV目標への貢献について、従業員を評価し報酬を与えている。

上記フレームワークの内容は、納得性が高い一方、真新しさもないものかも知れませんが、こうしたフレークワークをもとに自社の現状を整理すると、何が足りないか、何をすべきかが明らかとなります。まずは、最初の「パーパス」が重要かと思いますが、CSV推進に向けて活用できるツールだと思います。

※CSV推進にご関心のある方は、mizukami@cre-en.jpまでご連絡ください。

csv-jp.org/related_info.html

bizgate.nikkei.co.jp/series/007620/index.html

CSV戦略ポテンシャル診断サービス
「CSV戦略ポテンシャル診断」サービスページ

Copyright(c) 2012 Cre-en All Rights Reserved.