統合経営報告

経済報告

ステークホルダーとの経済的関係

クレアンの事業は、さまざまなステークホルダーのご支援とご協力に支えられて成り立っています。ここでは、事業を営む上でそれぞれのステークホルダーとの間に生じる経済的関わりについて説明します。

ステークホルダーへの経済的価値分配

クレアンはクライアント企業の長期視点経営を支援する統合経営コンサルティング事業を営んでいます。この事業は、マネジメント側面のコンサルティングとコミュニケーション側面のコンサルティングの2つに大別され、コミュニケーション側面のコンサルティングでは組織の情報開示およびステークホルダーとのダイアログに関するアドバイスを中心に行っているほか、統合経営報告書、サステナビリティ・レポート等媒体の企画・編集業務も行っています。デザイン等の制作業務に関しては外部の信頼できる取引先に委託しています。

2020年度にクレアンが創造した経済的価値(販売費・一般管理費の中でステークホルダーに跡付けられないものを除いた)は559,625,257円でした。これらをステークホルダーとの関係ごとにまとめたものが下表となります。このステークホルダーへの経済的価値分配については、クレアンが30人規模の小さな会社のため毎期の変動幅も大きくなることも予想されますが、実績の推移を注視しながら、経営方針および統合マテリアリティに従い、バランスのよい投資意思決定を継続して行っていきます。

ステークホルダー 金額(¥) 内訳
社員 312,427,905 給料手当、賞与、研修費等
取引先 137,899,075 売上原価
政府 36,409,882 法人税、事業税、租税公課等
市民社会 3,000,000 寄付金
債権者 0 支払利息
株主 69,888,395 当期純利益
合計 559,625,257 経済的価値

ステークホルダーとの経済的関係