ページ内を移動するためのリンクです。

CSRライブラリ

オピニオン/調査レポート

このコーナーでは、調査レポートや活動報告等のレポートを公開しています。


2015年10月9日

「2015年サステナビリティレポート動向 速報版」(PDF:219KB)

2015年9月までに国内外企業により発行されたCSRレポートやサステナビリティレポート、統合レポートの概要・傾向(トレンド)・掲載事例についての報告および論評です。
投資家を意識した情報開示の状況や、GRI第4版(G4)への対応状況について事例とともに掲載しています。
株式会社クレアン CSR/サステナビリティレポート分析チーム

2014年12月16日

「2014年CSRレポート動向 (エグゼクティブサマリー)」(PDF:278KB)

「2014年CSRレポート動向 (プレスリリース)」(PDF:378KB)

2014年10月までに国内外企業により発行されたCSRレポートやサステナビリティレポート、統合レポートの概要・傾向(トレンド)・掲載事例についての報告および論評です。
投資家からの注目が高まる、GRI第4版(G4)への対応状況への分析も掲載しています。
株式会社クレアン CSR/サステナビリティレポート分析チーム

2013年10月29日

「2013年 サステナビリティレポート動向 速報版」(PDF:286KB)

2013年9月までに発行されたCSR/サステナビリティレポートの動向についての調査報告および論評の速報版です。統合レポート、マテリアリティ、サプライチェーン・マネジメント、CSVなどに注目し、概要とともに優良事例を掲載しています。
株式会社クレアン CSR/サステナビリティレポート分析チーム

2013年2月27日

「GRIガイドラインにおけるG3.1からG4への変更点について」(PDF:184KB)

G4草案のOVERVIEWにまとめられている内容です。タイトルをお読みいただければ方向性を把握できます。
株式会社クレアン

2013年2月14日

「統合レポートの動向 ~統合レポート発行の意義を考える~」
エグゼクティブ・サマリー(PDF:153KB)

2012年12月17日に発行した「統合レポートの動向2012」のエグゼクティブ・サマリーを作成しました。本編と併せご覧ください。
株式会社クレアン 統合レポートチーム

2013年1月25日

「2012年 CSRレポートに見る最新動向
ー 2012年度 レポート動向調査 結果報告書 ー」(PDF:2.19MB)

2012年12月までに発行されたCSR/サステナビリティレポートの動向についての調査報告および論評の最終版です。統合レポート、ISO26000の取り組み、サプライチェーン・マネジメント、東日本大震災復興支援活動などに注目し、概要とともに定量情報および優良事例を掲載しています。
株式会社クレアン CSR/サステナビリティレポート分析チーム

2012年12月17日

「統合レポートの動向 ~統合レポート発行の意義を考える~」(PDF:728KB)

統合レポート発行の意義、IIRCによる最新フレームワークの解説、2012年統合レポート発行企業の事例をまとめています。エグゼクティブ・サマリーを追加しました。(2013年2月14日)
株式会社クレアン 統合レポートチーム

2012年10月11日

「2012年 サステナビリティレポート動向 速報版(英語)」(PDF:48KB)

「2012年 サステナビリティレポート動向 速報版」がThe Nikkei Weekly(日経ウイークリー 英文紙 2012年10月8日号)に掲載されました。
伊藤 佳代(株式会社クレアン) 調査協力:クレアン2012レポート査読チーム

2012年9月21日

「2012年 サステナビリティレポート動向 速報版」(PDF:222KB)

2012年9月までに発行されたCSR/サステナビリティレポートの動向についての調査報告および論評です。統合レポート、ISO26000の取り組み、サプライチェーン・マネジメント、東日本大震災復興支援活動などに注目し、概要とともに優良事例を掲載しています。
伊藤 佳代(株式会社クレアン) 調査協力:クレアン2012レポート査読チーム

2011年11月2日

「統合レポートの動向~情報開示の新潮流~」(PDF:606KB)

統合レポートの出現の背景、IIRCによる統合レポートの枠組み、2011年統合レポート発行企業の事例をまとめています。
株式会社クレアン

2011年10月28日

「2011年 CSRレポート動向 速報版」(PDF:258KB)

2011年9月末までに発行されたCSR/サステナビリティレポートの概要やトレンド、掲載事例についての報告および論評です。
伊藤 佳代 (株式会社クレアン)

2011年6月22日

「第2回 企業による石巻訪問先遣隊 簡易記録」(PDF:256KB)

東日本大震災後の復興に向け企業は何ができるのか、を具体的に考えるため、様々な企業のご担当者が被災地でのボランティア活動や意見交換を行った「第2回企業による石訪問先遣隊」の記録をまとめています。
株式会社クレアン

2011年6月16日

「第2回 東日本大震災の復興支援にむけた合同ミーティング議事録」(PDF:190KB)

東日本大震災の被災者支援プロジェクトの一環として、企業とNGO/NPOが被災地への支援のあり方について情報を共有し、議論する第2回目の合同ミーティングの要旨をまとめています。
株式会社クレアン

2011年5月23日

「第1回 企業による石巻訪問先遣隊 簡易記録」(PDF:625KB)

東日本大震災からの復興に向け企業は何ができるのか、を具体的に考えるため、様々な企業の担当者が被災地でのボランティア体験や意見交換を行った「企業による石巻訪問先遣隊」ツアーの記録をまとめています。
株式会社クレアン

2011年4月12日

「第1回 東日本大震災の復興支援にむけた合同ミーティング議事録」(PDF:42KB)

東日本大震災の被災者支援プロジェクトの一貫として実施した被災地で緊急支援を行なうNPO/NGOと、企業との合同ミーティングの議事録をまとめています。
株式会社クレアン

2011年3月24日

「元気 JAPAN!プロジェクト」(PDF:60KB)

東日本大震災の被災者支援プロジェクト第1弾として、救助/救済フェーズにおける企業によるNPO/NGO支援についての提言をまとめています。
株式会社クレアン

2011年2月25日

「ISO26000シンポジウム 簡易記録」(PDF:249KB)

「ISO26000シンポジウム Aron氏紹介スライド」(PDF:911KB)

本資料は、2011年1月26日に開催したISO26000シンポジウムの簡易記録と基調講演をいただいたAron氏の紹介スライドです。本シンポジウムでは、ISO/SRの全体会議議長(ブラジル)の腹心として、規格のまとめ上げに尽力されたAron Belinky氏をお招きし、基調講演をいただきました。また、サステナビリティ日本フォーラムの後藤氏より、ISO26000の企業経営への影響についてお話いただいた上で、有識者6名によるパネルディスカッションを行ないました。ISO26000の本質部分、活用にあたってのポイントなど、エッセンスをまとめましたので、ISO26000の理解と活用にお役立てください。
荒木 茂善 (株式会社クレアン)

2011年2月20日

「CSV (Creating Shared Value)」(PDF:116KB)

”社会課題への対応”こそが、新たな時代における企業競争力の源泉である。」その背景と対応方法を、米ハーバード大のマイケル・E・ポーター教授が唱える新たな経営コンセプトを紐解きながら、示しています。
水上 武彦 (株式会社クレアン)

2011年2月7日

「CSR on Drucker ~もし新米CSR担当がドラッカーと対話したら~」(PDF:91KB)

P.F.ドラッカーは、企業の社会的責任についても多くの示唆に富む言葉を残しています。本レポートでは、対話形式で、ドラッカーの考える”CSR”のエッセンスを紹介しています。
水上 武彦 (株式会社クレアン)

2010年2月1日

「これからのCSR 2009」~2009年の内外CSRレポートに見る先進企業の取り組み~(PDF:656KB)

クレアンでは、2009年のCSRレポートの論点別ベストプラクティスをまとめました。
伊藤 佳代、内田 宏樹(株式会社クレアン)

2009年2月16日

「業種別にみるCSRの重要課題 2008」(PDF:984KB)

業種別の重要課題を整理した「業種別にみるCSRの重要課題 2008」を作成しました。
内田 宏樹(株式会社クレアン)

2009年2月16日

「これからのCSR 2008 ~2008年の国内CSRレポートに見る先進企業の取り組み~」(PDF:421KB)

クレアンでは、2008年版CSRレポートの論点別ベストプラクティス集「これからのCSR 2008」を作成しました。
伊藤 佳代、内田 宏樹(株式会社クレアン)